合宿免許に適した服装

合宿免許に適した服装は、なんといっても、まずは動きやすい服装です。
合宿免許の目的は免許を取得するという明確なものがあるわけですから、動きやすく、華美でないものが最適です。


また、運転は、アクセルやブレーキをふむ動作があるので、あまりに短いスカートやホットパンツなども、適切ではありません。

練習に専念できるものを最優先するべきです。



靴も、アクセル等をふみやすいように、ヒールの高い靴やサンダルは避けるべきです。

スニーカーや、自分が普段はきなれた歩きやすい靴を選ぶことが、落ち着いて練習でき、最短で免許を取ることにつながります。合宿免許の行われる場所に適したものであるかということも重要なポイントです。


例えば、高原や山のなかに合宿する場所がある場合は、着たり脱いだりが簡単に出来る服装が望ましいです。カーディガンやパーカー、スウェットやフリースを持って行くと重宝します。



夏であっても長袖を持っていくと体調管理にも役立ちますし、冬であっても屋内はかなり暖かい場合もあることを検討しておきます。

しかし、免許取得が目的だからといって、あまりに活動性を重視しすぎるのも問題があります。洗濯機を使えるところが多いので、洗濯をすることで手荷物を減らしつつ、お気に入りの服を持って行くと、合宿期間中も気分転換になりますし、人目も気になりません。なお、洗濯の際には、洗濯ネットを持って行くと重宝します。



いつ何を着るかをある程度考えつつ、活動的かつみすぼらしくはない服装が最適です。