冬休みに利用する合宿免許

合宿免許と言えば、大学生の長い夏休みなどに、友達と利用して取得するイメージが強いですが、冬休みに利用する人々が増えています。
その理由に、冬休みは大学生にとっては、秋学期のテストなどが控えた時期であり、飲み会やクリスマスなどの行事はあるものの、それら行事がない者にとっては、合宿免許を利用しやすい時期だと言えます。合宿では、免許取得に向けた実習などの時間以外は自由時間で、大抵合宿所は都心から地方へバスで何時間もかけて行く場所に多いため、空き時間は暇を持て余すようになります。



その時間は、テスト勉強や課題をこなすことで有効活用でき、特に合宿所のホテルなどで缶詰めになって勉強すると捗るものです。

また、暑い夏と違って過ごしやすい冬休みは、免許の勉強や車の中での実習は過ごしやすく、集中して臨めるものです。



また、近年東京都内を中心として、冬場の雪に対応できない運転者や車が増え、毎年社会問題となっていますが、合宿地によっては、雪国での車の運転を経験できることもあります。雪の中での運転は、他の運転技術に応用できることもあり、冬場での事故原因の一つのスリップや横転にも対応できる技術を早々と身に着けることもできるなど、夏場よりも運転技術に磨きをかけられます。


このように冬休みに合宿免許を利用することは、夏などの長期休暇よりもメリットは多いです。また、冬でのイベントがない者が一人で利用する場合もあり、一人で参加した者同士友達になったりと、新たな出会いもあるものです。