大学生が合宿免許に参加することについて

合宿免許はホテルや寮で生活しながら遠方の教習所で自動車免許を取得する方法です。
大学生は夏休みや冬休みなどの長期休暇の時期にこの方法を使って免許を取得する人が数多くいます。


合宿方式のメリットは4点あり、1つ目は他大学の友人を作りやすいことです。

免許合宿の学割についてなどかなり有益な情報が揃っています。

遠方では寮生活になり、滞在する間は相部屋になることもあります。

その時に他の地域から来た大学生と交流を深め、友人関係に発展する可能性があります。2つ目は費用が安いことです。近所の教習所へ毎日通う方法よりも合宿免許の方法の方が費用面で安く抑えることができる場合があります。


大学生の場合、学生生協を介して予約手続きを行うことが出来るのでその方法を使う学生もいます。3つ目は免許取得までの期間が速い事です。



AT免許を合宿免許で取得する場合、おおよそ14日ほどで取得できるので長期休暇のスケジュール管理が行いやすくなります。

4つ目は観光を楽しめることです。


地方の教習所で免許を取得する場合、休日の過ごし方にも変化が出ます。観光地に近い場所であれば周辺の名所を散策することも出来ますし、冬の山間部の教習所であればスノーボードなどのスポーツを楽しむことが出来ます。このようなメリットがあるため大学生は合宿免許を選ぶ傾向があります。
選ぶ方法には学生生協の紹介を使う方法と、自分でインターネットで予約する方法があり、人気の教習所に行きたい場合は予約が集まりやすいので、どちらの方法でも早いうちに自分で申し込みをするのが重要となります。